となりの億万長者 (新版)― 成功を生む7つの法則 [資産運用] [本レビュー]



 

借金体質を改める際にたくさんの本を読んで、自分がすぐにでもできそうな所はすぐに取り入れて体質改善を図った個人投資家です。

その過程で大いに影響を受けたのが、こちらのとなりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則という本です。

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

 

1万人以上の億万長者にインタビューとアンケートをして、億万長者について徹底的に調査した内容をまとめています。

億万長者の定義は、純資産を100万ドル以上持つ人です。純資産ですから、現在の資産額から負債額を差し引いた価値になります。日本で言うところの「億り人」でしょうか。残念ながら、今は億万長者ではありませんが、だからこそ、この本が今後「億り人」を目指していくにあたり、参考になると思います。 

たくさんの億万長者にインタビューやアンケートを行い、調査した結果、以下の7つの法則が見つけ出されます。 

1. 彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する

2. 彼らは、資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく配分している

3. 彼らは、お金の心配をしないですむことのほうが、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える

4. 彼らは、社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない

5. 彼らの子供たちは、経済的に自立している

6. 彼らは、ビジネスチャンスを掴むのが上手だ

7. 彼らは、ぴったりの職業を選んでいる

本書はこの7つの法則について、億万長者の実際のエピソードを交えながら、詳しく解説しています。  

 

億万長者のやることはひたすらシンプルでした。

・倹約・倹約・倹約

・予算を立てて、出費をコントロールする

見栄を張る必要はない

・資産運用に時間をかけてきっちりとやる

億万長者の人たちは特別な才能を持った人達ではなく、ほんのちょっとした努力を続けていくことで、いつの間にか億万長者になっているんですね。

私も日々頑張ろう・・・。