Day 1: 久しぶりの成田発香港行きJALフライト [香港旅行2018]



旅行日:2018年9月22日(土)

 

土曜日の夕方の便で香港に向けて出発ということで、いつもの金曜日の深夜の海外脱出に比べてかなり心の余裕があり、朝からゆっくりパッキング開始です。と言っても、週末弾丸旅行なので、20リットルのバックパックにいつもの旅行用のグッズを詰め込むだけです。

週末弾丸旅行のパッキングについて

今回は久々の成田空港発のフライトなので、早めに家を出てラウンジでゆっくり食事したり、お酒を飲んで過ごすことにします。家を出るときから、呪文のように「成田だぞ、成田だぞ、羽田じゃないんだぞ。」と言い聞かせます。

 

新宿から成田エクスプレスに乗り込みます。

f:id:banquiere389:20180930211422j:plain

新宿からの所要時間約1時間20分、片道3,190円となかなかのお値段がするんですが、いつも座席がスカスカで隣には誰も座ることはなく、ゆったりした静かな空間を確保できるので、逆にこれお得なのでは?と思ってしまいます。皮肉な話ですけれども。

 

成田空港第2ターミナルビルに到着し、さっさとJALカウンターに向かいます。今年は修行の甲斐あって、ファーストクラスのチェックインカウンターを利用できます。

f:id:banquiere389:20180930211448j:plain

カウンターは空いていたので、すぐに搭乗手続きをしてもらい、そのまま専用の保安検査場に向かいます。専用の保安検査場は誰も並んでおらず、来たらすぐにセキュリティチェックをしてもらい、出国審査に向かいます。

出国審査のカウンターも幸いなことに前に1、2人しか並んでいなかったので、すぐに自分の番になり、そのまま目の前にあるJALファーストクラスラウンジに飛び込みました。成田空港に到着してから、ここまでの所要時間が約10分でした。

f:id:banquiere389:20180930214055j:plain

早く着きすぎてしまったため、ラウンジではおよそ2時間強の時間を過ごすことになりました。楽しみにしていたお寿司やJALカレーを堪能し、シャンパンなどのお酒も頂いて大満足で、お腹いっぱいではち切れそうです。

 

今回も非常口側の席を取り、荷物を前の座席下に収めることができないため、頭上のコンパートメントのスペース確保のために優先搭乗の恩恵に預かることにします。 

f:id:banquiere389:20180930211522j:plain

搭乗口付近は、山梨で買ったと思われる桃を箱ごと2つとか、お土産がたくさん入った袋を抱えた人など、手荷物を抱えた旅行者で賑わっており、ここに負けられない戦い(=頭上スペース確保)があると強く意識させられます(笑)

 

もちろん真っ先に搭乗して、頭上のコンパートメントにザックを収納して一安心です。他の乗客の搭乗を待っている間に、香港の入国カードを頂いて記入し、iPhoneSIMカードを差し替えて、到着後すぐに動けるように準備しておきます。

 

いつもの深夜便ならここですぐに爆睡モードに入ってしまいますが、今回は夕方便で現地到着は22時なので寝る必要がありません。

JGP修行のおかげで国際線の機内Wifiは無料で使えるので、ネットに繋げてネットサーフィンを楽しんだり、Kindleで読書をして過ごします。

旅のお供はKindle Fireタブレットが良い3つの理由

 

f:id:banquiere389:20180930211548j:plain

機内食が用意され、もうお腹いっぱいなので断ろうかと思ったのですが、カツ丼と言われて拒否することができずに、少しだけ頂きました。 

5時間弱のフライトはあっという間で、到着予定より15分程前倒しで香港国際空港に到着します。そこから入国審査、税関を抜けて、エアポートエクスプレス乗り場に向かいます。香港島までは115ドルです。窓口より自販機が空いていたので、自販機で購入します。まさに出発しようとしている電車に滑り込むようにして乗り込み、香港駅(中環)に向かいます。所要時間は約 25分。 

 

香港駅からはタクシーでAirbnbで予約した部屋に向かいます。

タクシーの運転手は予想通り英語が話せなかったので、機内で用意した紙を渡しました。今回の宿泊先の住所を書いた紙です。SOHOエリアにあるアパートで、運転手さんもすぐにどこかわかったようでした。タクシーに乗ること約10分弱でアパートの前に到着しました。料金は36ドルでした。

 

ホストから事前にアパートへの入り方、部屋の鍵の置き場所についての連絡があったので、その通りに従い、無事にチェックインすることができました。

f:id:banquiere389:20180930211625j:plain

無事に着いた旨をホストに連絡したら、「香港着が22時って聞いていけど、今、22時55分にもう着いたって、スムーズに進んだんだね。」と感心していました。 

フライトが15分くらい前倒しで到着し、入国審査もさほど混んでいなかったこともありますが、夜遅くについて色々ともたつくのが嫌だったので、事前にしっかり準備していたのが良かったのかもしれません。

週末弾丸で行く香港旅行手配 [JAL JGP修行] [香港旅行2018]

特にSIMカードは出発前に購入しておいて良かったと改めて思いました。