Day 2: アンマン到着 [ヨルダン旅行2018]



旅行日:2018年10月6日(土)

 

搭乗開始がフライト1時間前なんてそんな早いわけないじゃんとラウンジでのんびりしていて、30分前に搭乗口に向かったらもうすでに搭乗開始していました(滝汗)

ボーディングブリッジではなく、バスで移動しての搭乗だったので早めの時間だったのかとここでようやく納得しました。ドーハを飛び立ち、機内からは砂漠とアラビア湾の美しい海が見え、しばし見惚れていました。
f:id:banquiere389:20181022071736j:image

アンマンへはサウジアラビア上空を飛んでいけば近いのですが、カタールサウジアラビアは国交断絶してしまったため、サウジアラビア上空を飛ぶことはできません。クウェートイラク上空を通って行きます。
f:id:banquiere389:20181022071716j:image

アンマン行きのフライトはガラガラだったので、3席1列占領して寝転んでみました。
f:id:banquiere389:20181022071730j:image

アンマンまでは約2時間半のフライトで、軽食を頂いたり、座席に寝転がってリラックスしていたらあっという間に到着です。

 

ヨルダンの観光ビザは40JOD(約6,400円)ですが、イベント参加でグループ手配旅行の部類に入るためビザ料金が免除されています。

(また、日本人は1ヶ月滞在可能なビザを無料で取得できます。)

5人以上のグループがヨルダン政府指定の旅行業者を通して入国する場合には全員のビザ料金が免除されます。ただし、グループ全員が一緒に入国及び出国しヨルダンに3泊以上滞在する場合に限ります。

出典:ヨルダンへの入国

イミグレーションエリアにイベントの名前が書かれた紙を持った現地コーディネーターが迎えに来ていました。銀行ATMがあったので、ついでにクレジットカードで現地通貨を引き出しました。

入国審査に必要な書類は現地コーディネーターが持っていたため、一緒にカウンターに向かい、入国手続きを行います。その後、預け荷物をピックアップして税関を抜けて、無事にアンマン到着です。

現地SIMカードを購入し、イベント主催者と合流し、現地コーディネーターの車に同乗しホテルに向かいました。

ヨルダンで都市部にいるならZain社ののSIMカードで決まり [ヨルダン旅行]

空港からアンマン市内までは約1時間ほどかかります。

途中で、現地コーディネーターがアラビアンコーヒーをご馳走してくれました。何かスパイスが入っているようで、ちょっと微妙な味でした。多分好き嫌いが分かれるのかも。
f:id:banquiere389:20181022071744j:image

ホテルに到着すると、現地コーディネーターにタクシー代25JODを支払ったのですが、これが後々・・(ぶっ殺す)。
ホテルで荷物を置き、少しゆっくりした後は軽く街歩きということで、近くのショッピングモールまで行きましたが、とにかく交通量が多く、車もスピードを出しており、信号機もないので、道路を横断するのに一苦労でした。

ベトナムは道路を堂々と横断すれば、オートバイが綺麗に避けてくれますが、こっちは逆に突っ込んで来られそうな勢いです。

ショッピングモールでは特に何かを購入するわけでもなく、中に入っているテナントは東南アジアにあるショッピングモールと大して変わらないなーということを確認しただけで撤収です。

 

明日より大変な1週間が始まるので、ホテルでのんびり過ごしました。

  

Day 1: カタール航空(JALコードシェア便)でドーハへ [ヨルダン旅行2018]