短い時間ながらも快適なファーストクラス席を満喫 [JAL国内線ファーストクラス搭乗記]



金曜の夜に長崎IN、月曜日早朝に福岡OUTの航空券を手配していたのですが、当日体調不良により往路の長崎行きのフライトをキャンセルし、日曜日早朝の福岡行きの航空券を取り直した無駄遣いトラベラーです。

こういう不測の事態に役立つのが、日本航空株主優待券です。何を血迷ったのか、羽田発福岡着(JAL305便)ファーストクラスの席を購入してしまいました。

ファーストクラス (機内・ラウンジ) - JAL国内線

あー何やってんだか!と最初は思ったのですが、さすがに国内線でファーストクラスへのインボラはないので、1回くらいは体験してもいいかもしれないと思い直しました。

 

1. ファーストクラス専用チェックインカウンター・ラウンジ

去年にJMBダイヤモンドを達成し、国内線に搭乗する際はいつもファーストクラス専用のチェックインカウンターとラウンジを利用しているので、これは普段通りです。

更にJAL JGP(JGCプレミア)修行をして良かった5つのこと

ファーストクラスで食事が出るので、今回はラウンジでの食事は控えめに、おにぎり1個(高菜おにぎり)だけ頂きました。

 

2. ファーストクラス座席

ファーストクラスを利用するのは今回初めてですが、この座席を利用するのは今回で3回目になります。

どういうことかというと、鹿児島〜羽田間のフライトでクラスJシートを予約し、座席指定の際に1列目を選択しました。実は、機材によってはこの1列目がファーストクラスの座席なのです。サービスはクラスJなのですが、座席はファーストクラスという何とも不思議な体験をしました。

f:id:banquiere389:20181122200843p:plain

(写真:JALホームページより)

今回は正真正銘、ファーストクラスの座席で、ファーストクラスのサービスを受けることになります。

 

3.機内サービス 

搭乗後、CAさんが挨拶がてらにメニュー配布と新聞のサービスがありました。

f:id:banquiere389:20181121213118j:plain

ついでに都道府県シールもお願いしちゃいました(笑)

 

羽田発の朝食は洋食でした。あー、和食の方が良かったかも。

f:id:banquiere389:20181121213143j:plain

そしてドリンクメニューです。早朝からアルコールはさすがにきついですね・・・。

f:id:banquiere389:20181121213204j:plain

そうこうしているうちに離陸し、横浜上空から富士山が見えました。 

f:id:banquiere389:20181121213229j:plain

 

朝食はこんな感じで、飲み物はペリエを頂きました。クラムチャウダーが濃厚で美味しかったです。 

f:id:banquiere389:20181121213303j:plain

そして、食後にはコーヒーを頂きました。さすがに紙コップではないんですね。

f:id:banquiere389:20181121213330j:plain

 

座席にはスリッパも備え付けてあり、そしてこれは何だろう?と思わず手に取り少し考えましたが、あ!モバイルバッテリーか!と気がつきました。 

f:id:banquiere389:20181121213359j:plain

ヘッドホンはクラスJと同じもののようです。

f:id:banquiere389:20181121213423j:plain

 

約2時間のファーストクラス体験でしたが、快適なフライトでした。

早朝便でアルコールがさすがに飲めずに、また食事サービスが洋食だったのが悔いが残るところですが、次は那覇行きでファーストクラスを体験したいと思いました。 

+8,000円の座席、高いと見るか、安いと見るかは微妙なところですね。