Day 2: マニラで大晦日を過ごす [フィリピン旅行2018/2019]



旅行日:2018年12月31日(月)

 

天気予報通り、本日のマニラは雨模様です。

こういう日はホテルの部屋に引きこもって、読書にふけるに限ります。が、ホテルの清掃係の男の子が「何時に清掃したらいいですか?」とわざわざやってきたついでに、5年ほど前にマニラで開設した口座からペソを引き出したいので、銀行に行くことにしました。

フィリピンのコンドミニアムを購入した話 (1) [資産運用] [海外不動産]

昨日、ショッピングモール内で銀行ATMを探していたのですが、他行のATMばかりだったので、ホテル近くにある支店をグーグル先生にお尋ねしました。

 

ホテルはショッピングモール直結なのでグロリエッタからランドマーク、グリーンベルトショッピングモールへ向かいます。途中、歩道橋からアヤラアベニュー方面を見てみると、思ったより交通量が少ないです。

f:id:banquiere389:20190119184032j:plain

マニラの中心地であるマカティ、そのど真ん中でもあるアヤラアベニュー。

f:id:banquiere389:20190119184043j:plain

アヤラトライアルガーデンズ公園のそばに新しいオフィスビルが2棟建設中のようです。マカティではニョキニョキと新しいビルやマンションができてきています。フィリピンの勢いを感じます。そして、ペニンシュラホテル。いつか宿泊してみたいものです。

f:id:banquiere389:20190119184056j:plain

 

銀行にやってきましたが、大晦日のためオフィスは閉まっていました。

f:id:banquiere389:20190119184215j:plain

オフィスの外にATMがあると思っていたのですが、周辺をみて回りましたが、ATMらしきものはありません。結局、仕方がないので、近くにあった他銀ATMからクレジットカードを使ってペソを引き出しました。手数料250ペソも取られました(怒)

 

朝ごはんも食べておらず、小腹が空いたのですぐそばにあったファーストフード店に入り、ラザニアとチキンのセットを頂きました。お値段は日本円にして300円位です。

f:id:banquiere389:20190119184232j:plain

晦日のためか店内のお客さんは少なかったのですが、スタッフの人が配達で忙しそうでした。なるほど、年末のパーティ需要のようですね。ここでのんびりしていたら、雨脚が強くなり、傘を持ってきていないため、出るに出られない状態になりました。

 

場所を移動して、隣の隣のマクドナルドに駆け込んで食後のコーヒーを頂きます。Mサイズのホットコーヒーが約50円とは素晴らしい!やはりここも大晦日のためが店内は私を含めて2、3人位しかおらず、スタッフの方が多い状況です。マカティはほとんどのお店の入り口にはセキュリティが立っていますが、ここマクドナルドも例外ではありません。治安があまりよろしくないフィリピンですが、このおかげでマカティ周辺は安心して街歩きができるのです。が、ここのセキュリティがゆるゆるで、スタッフとおしゃべりに夢中になっていたり、おもむろにマイマグカップを手にカウンターに向かい、コーヒーを注いでいるではありませんか(笑)

 

結局、雨脚が弱まる様子がないようなので、ダッシュで走ってグリーンベルトショッピングモールまで走って行きました。

ホテルに戻ると、部屋がちゃんと掃除されていて、 しかも水のペットボトルが2本から4本に増えていました。枕元に置いていたチップのおかげでしょうか。

f:id:banquiere389:20190119184249j:plain

 

晦日の夜はホテルの部屋でのんびりします。

どこかのカウントダウンイベントに行こうかと思いましたが、さすがに深夜に女性一人がマニラの街中をうろつくのは少々危険かと。

テレビをつけようとしたら砂嵐の画面でNo Signal、それならとMacbook Airをホテルの無料wifiにつなげてみたら超低速、有料で高速にしても変わらず、なかなか素敵な大晦日の夜です。

テレビの方は裏の配線をちょいと抜き差ししたら見れるようになりました。

f:id:banquiere389:20190119184303j:plain

NHK Worldで紅白歌合戦が放送されていました。Wifiの方は有料プランにしても、低速通信だったため、フロントに電話して通信を切断してもらいました。 

 

日が暮れてから外から断続的に花火の音が聞こえてきます。真夜中に近づくにつれてだんだん花火が激しくなります。

f:id:banquiere389:20190119184314j:plain

新年を迎えた頃にはホテルを囲むように花火がどんどん上がり、周辺は白い煙で充満していました。

 

2019年を一人ぼっちでマニラで迎えました。