MIATモンゴル航空搭乗記 [成田↔︎ウランバートル]



f:id:banquiere389:20190911202218j:plain

今月は2回も3連休があるというのに、旅行計画を全く立てていない週末弾丸トラベラーです。恐らく今月は完全に引きこもると思われます(笑)

 

さて、先月はモンゴル初上陸でしたが、これに伴いMIATモンゴル航空にも初搭乗しましたので、備忘録がわりに記録に残したいと思います。

(なぜなら、来年もモンゴルに行く予定があるから)

 

大草原と砂漠を走る8泊9日、モンゴル行き航空券手配 [モンゴル旅行2018]

 

航空券はMIATモンゴル航空の公式サイトから直接購入しました。

ワンワールドスターアライアンススカイチームいずれのアライアンスに加盟しておらず、独自のブルースカイモンゴリアというマイレージプログラムがありましたが、多分そんなに頻繁に利用するとは思えないので、申し込みませんでした。

 

f:id:banquiere389:20190906204355j:plain

 

前もってオンラインチェックインができたのですが、すっかり忘れていて、当日チェックインカウンターで搭乗手続きをしました。

真ん中の席しか空いていないということでしたが、英語でのお手伝いができるのであれば、ってことで非常口窓側の席にしてもらいました(ラッキー)

当然ながら、バリバリの平民、エコノミークラスなのでラウンジの利用できず。

 

搭乗開始はビジネスクラスから始まり、機内に乗り込んでみると、ビジネスクラスは2−2、エコノミーは3−3並びの中距離用の機材でした。

座席にはモニターもなく、なんだかLCCっぽい雰囲気を醸し出しています。

不幸中の幸いにして、非常口側の席だったため、他の座席よりは比較的ピッチは広めでした。

 

CAさんは男性が多い気がしました。

さてさて、機内サービスですが、まずはハニーローストピーナッツから。

f:id:banquiere389:20190906204427j:image

これはお酒と一緒に食べるとうまいやつ!
・・にもかかわらず、このタイミングでの飲み物のサービスはありませんでした。

 

思わず遠い目に、、いや窓の外を眺めてしまいました。

f:id:banquiere389:20190906204415j:image

 

食事サービスはビーフかチキンの選択肢で、チキンを選びました。

そして、飲み物はビールです。

f:id:banquiere389:20190906204451j:image

ゴールデンゴビなる、モンゴルのビールが出てきました。

おおおー、なんかモンゴルへ向かうフライトだなーと改めて実感しました。 

 

復路も食事サービスはこんな感じでした。

 

機内エンターテイメントが相当しょぼいので、5時間近く機内で退屈しないように、自分でなんとかしなければなりませんね。

旅のお供はKindle Fireタブレットが良い3つの理由

 

しかし、直行便とはいえ、これに9万円も支払ったのかと思うと、何だかなあと複雑な気持ちですね。