たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

2020年4月末のポートフォリオ [資産運用]



有休消化も終わり、単なる引きこもりと化した弱小投資家です。

毎日、マーケットに向き合える日々を満喫しております。

 

 

ということで、
2020年4月末時点でのポートフォリオは以下の通りです。
 


アセットアロケーションを見直しました [資産運用]  

 

 

 

流動性資産

銀行の預金口座や証券会社の口座に預けて、万が一の時にはすぐに引き落とせる資産です。

仕事も辞めたことですし、キャッシュ比率をもう少し上げた方がいいかなということで、日本株を1銘柄売却(損切り)し、現金化しました。

 

 

 

日本株

現在は、個別銘柄(2銘柄)のみ保有しています。

アセットアロケーションを決定した際に、個別銘柄については短期・中期でトレードを行っていくと決めています。

 

キャッシュ比率を高めるために、保有していた3銘柄のうち、1番弱い銘柄(含み損を抱え、当分上昇を見込めないもの)を売却しました。 数十万の損失を確定しましたが、残りの2銘柄が先月のコロナショックでの爆下げから、見事にV字回復し、利益を出し始めているので、損失を余裕で吸収できた形になっています。

 

去年クソ株認定したある銘柄が爆上げし、今では日本株ポートフォリオに貢献して、割合を38%→45%まで占めるようになりました。 

 

 

 

日本債券

現在のところ個人向け国債や債券のインデックスファンドなどは保有していません。

 

 

 

外国株式

投資信託3本(iDeCo口座)、海外ETF5本、米国株4銘柄を保有しています。

 

今月に入ってからも値の上げ下げが続きましたが、+10%のリターンで着地しました。

NISAでずっと購入していたVTは一時はマイナス圏に沈んでいたのですが、ようやくプラス圏に浮上しました。こちらは、長期保有している他のETFに比べて、リターンの伸びがそんなに良くないので、年内には売却して、他の伸びている銘柄に追加投資しようかと考えています。


個別株については、MSFTが順調に含み益を増やし、Vがようやくプラスに転じました。
AAPL、BLKについては時間の問題でしょう。

 

そして、昨年7月からTポイントと楽天ポイントeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の購入を始めています。楽天ポイントは毎月500ポイントずつ投信を購入するように設定し、Tポイントについてはなかなか貯まらないので、加えて毎月1,000円ずつ積み立てています。 

 

 

国債

証券会社の口座に米ドル(配当金)、外貨預金でフィリピンペソを保有しています。

 

 

 

 

先月からの運用利回りは、+35.8%

去年クソ株認定して、いつ損切りするかと時期を見ていた銘柄が大きく値をあげました。
買値に戻った時点で売ろうかと思いましたが、その勢いが止まらないようなので、もう少し様子を見ることにしました。 

年初来のリターンは+21.86% 、気を抜かずにマーケットを注視していきます。

 

 

 

合わせて読みたい先月末のポートフォリオの記事です。