たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

個人型確定拠出金 加入者被保険者種別変更届提出 [資産運用] [iDeCo] [SBI証券]



f:id:banquiere389:20200622114240j:plain

 

【2020.7.9  記事訂正】

 

引き続き、絶賛引きこもり中の弱小投資家です。
今週は近場に小旅行するぞと思いながらも、天気予報を見ては先延ばししまくっています。

 

 

会社員を辞め、国民年金第1号被保険者に切り替わったことで、iDeCoの掛金をもっと増やすことができるんじゃね?と気がつき、証券会社に資料請求したのが数日前の話でした。

国民年金基金加入に伴う、iDeCo(個人型確定拠出金)掛金額の調整手続き [資産運用] [SBI証券]

 

 

なんと、もうSBI証券から「iDeCo(個人型確定拠出金)に係る書類」が送られて来ました。

f:id:banquiere389:20200709180442j:image

  

 

めちゃくちゃお仕事早くてありがたいです。
別件で、フィリピンの銀行(HSBC)に問い合わせをしているんですが、未だに返事がこないんですよねえ。この違いたるや。

 

 

加入者被保険種別変更届(第1号被保険者用)がこちらです。

本人確認書類の提出が必要で、個人番号カードのコピーを添付しました。

 

f:id:banquiere389:20200709180500j:image 

 

変更届は証券会社と金融機関提出用の2枚(カーボン複写) 

 

記入項目はいたってシンプルですね。
基礎年金番号、住所氏名、生年月日、性別、電話番号を記入して押印。被保険者種別について「第2号被保険者から第1号被保険者になった」にチェックします。
そして、今回の変更届のメイン部分、掛金額区分と掛金額を記入します。

 

 

もちろん、 
国民年金第1号被保険者のメリット(月額上限68,000円)を最大限に生かしますよ。

 

 

SBI証券の場合は、手続きの締め切りは毎月14日ってことなので、最短で、8月下旬から変更した内容で銀行引き落としが実施されるはずですね。

 

毎月の掛金が23,000円→68,000円に変わるので、併せて運用商品も見直そうと思います。

税制優遇のメリットを最大限に活かしながら、老後資金をしっかりと確保して行きたいですね。