たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

弘前市内の趣きのある建物 - 洋館巡り [青森県弘前市]



今日も朝から雨が降ったり止んだり、外に走りに出るタイミングを失っている平日トラベラーです。

 

今回も青森旅行の話になります。
弘前城をたっぷりと時間をかけて見学した後、追手門周辺でちょっと休憩したいと思い、近くにカフェがないかグーグル様にお伺いしたところ、すぐ近くにスターバックスがあるではないですか。 

 

 

行ってみたところ、あれま!なんて素敵な。
旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)跡となっているではありませんか。

f:id:banquiere389:20200725120556j:image
f:id:banquiere389:20200725120631j:image

カフェ内の写真が弘前市の歴史を物語っています。明治の文明開化の波に乗り、独特の洋館が作られたようです。

 

 

ということで、弘前駅へ向かいながら、その近辺にある洋館を見て行くことにしました。
 

弘前市立図書館
f:id:banquiere389:20200725120600j:image
f:id:banquiere389:20200725120614j:image

堀江佐吉が設計施工したルネッサンス様式の建物とあります。かつては、下宿屋や喫茶店としても使われていたそうです。入館料は無料でしたが、結構人が入っていたので、念のため密を避けさせて頂きました。 

 

 

そのすぐそばには、旧東奥義塾外人教師館がありました。
f:id:banquiere389:20200725120542j:image

青森県初の私学校、東奥義塾の外国人宣教師が住んだ家だそうです。入場無料。
1階にコーヒーやランチが楽しめるレストランがありましたが、つい先ほどスタバでコーヒー頂きましたしねえ、、と外観だけ。 

 

なんと、そばにはミニチュア建造物がどどーんと。
f:id:banquiere389:20200725120627j:image
f:id:banquiere389:20200725120622j:image
f:id:banquiere389:20200725120538j:image

多少傷んでいるものもありましたが、東武スクウェアワールドではないですが、これで弘前市内の全ての洋館を見学できた気分になりました(笑) 

 

 

旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)は残念ながらメンテナンス工事中でした。
f:id:banquiere389:20200725120618j:image

こちらも堀江佐吉が設計施工したルネッサンス風、和洋折衷の建物だそうです。
入館料は大人200円。メンテナンス工事中ですが、中には入れるようです。弘前城の石垣普請が終わった頃に再訪するつもりなので、ここはその時にまた改めて。

 

 

信号待ちしていると、おっ?っと目を引く建物が。
f:id:banquiere389:20200725120608j:image

三上ビル(旧弘前無尽社屋)です。
東北でも初期の鉄筋コンクリート造、アール・デコ調の建物です。 

 

 

 

と、弘前城に向かう途中に素敵な教会を見つけていたんですよね。
f:id:banquiere389:20200725120549j:image

日本キリスト教団弘前教会。
東北最古のプロテスタント教会で、フランスゴシック風の外観が素敵ですね。 

 

 

この他にも弘前市内には神社・仏閣、蔵や商店、家屋など趣のある建物が点在していて、次回訪問時にはその辺りを見て回りたいですね。