たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

権現砲台と四稜郭、五稜郭 [日本100名城] [北海道函館市]



西日本旅行では毎日1万歩以上軽く歩き、1,500mの山道を登り降りを2回行ったり、70kmサイクリングも行ったにも関わらず、戻って来たら2kg以上増量した平日トラベラーです。
原因は浮腫みで、浮腫みが取れたら体重がストンと落ちました。

 

 

さてさて、先月の北海道旅行の話がまだまだ終わりません、、。
今回は五稜郭と四稜郭を見て来ましたよ、というお話です。

 

函館の観光名所の1つ、五稜郭は有名ですよね。
江戸時代末期に江戸幕府により建造された城郭で、明治の初めには箱館戦争旧幕府軍と新政府軍が激突した場所でもあります。

 

その五稜郭から3km程離れた丘陵上に四稜郭なる要塞があるんですね。
箱館戦争時に五稜郭を占領した旧幕府軍が、五稜郭を援護する支城として、また東照宮を守護するために作られています。

 

東照宮に権現台場を建設し、砲台が置かれました。

f:id:banquiere389:20200815143915j:image
f:id:banquiere389:20200815143941j:image
f:id:banquiere389:20200815143930j:image

しかし、新政府軍の攻撃を受けて、権現台場と東照宮の社殿は焼失しました。
そのことが記載されている看板があるだけで、権現台場の遺構は特に見られませんでした。

 

 

 

さて、四稜郭ですが、丘の上にあるということで、炎天下、坂道を登って汗だくだくです。
四稜郭は看板にあるように、蝶が羽を広げたような、Xの形をしていて、四隅には砲座が配置されていたそうです。
f:id:banquiere389:20200815144001j:image

 

敷地内に入りました。観光客の姿はほとんどなく、地元の方々の憩いの場のようでした。
f:id:banquiere389:20200815143944j:image

 

土塁で囲まれている中の部分に入ってみます。
f:id:banquiere389:20200815144013j:image
f:id:banquiere389:20200815143922j:image

 

 

中は広々とした空間になっていて、周りを土塁が綺麗に残っています。
f:id:banquiere389:20200815143938j:image
f:id:banquiere389:20200815144005j:image
f:id:banquiere389:20200815143952j:image

うーん、これを高いところから、全景を見てみたい!

 

 

外に出て、ぐるっと一周してみることにします。
四稜郭の規模は東西約100m、南北約70mということですので、五稜郭に比べるとかなり小規模になります。5分もあれば余裕でぐるっと一周できます。
f:id:banquiere389:20200815143926j:image
f:id:banquiere389:20200815143918j:image
f:id:banquiere389:20200815143957j:image
f:id:banquiere389:20200815143934j:image
f:id:banquiere389:20200815143948j:image

土塁周辺の空堀も綺麗に残っています。
やはり全景が捉えづらいですね、、。五稜郭タワーみたいなものとは言いませんが、高い場所から見下ろしてみたいですね。(もしかしたら、どこかにあったかもしれない?)

 

四稜郭以外にも当時作られた星形要塞としては、七飯台場(七稜郭)がありますが、ちょっと離れたところにあり、しかも山の中のようなので、また次の機会にでも。

 

 

 

 

そして、日本100名城の1つでもある五稜郭へ。 

f:id:banquiere389:20200815144157j:image

 

五稜郭タワーから眺めたほうが分かりやすいですね。
f:id:banquiere389:20200815144154j:image

 

こちらは五稜郭タワー内に設置してある模型です。
f:id:banquiere389:20200815144216j:image

 

四稜郭への往復で五稜郭を通りましたが、掘、石垣、土塁が綺麗に残っていますね。
f:id:banquiere389:20200815144206j:image

 

五稜郭の外周が1.8kmということで、翌朝にジョギングしようと思っていましたが、
f:id:banquiere389:20200815144202j:image

結局寝坊して、今回は外周を走ったり、曲輪内に入ることできませんでしたので、またの機会の楽しみにとっておきます。