たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

忠臣蔵で有名な赤穂市の赤穂城 [日本100名城] [兵庫県赤穂市]



明日から九州へ飛ぶ平日トラベラーです。
ブログ記事を書き貯めしたいところですが、なかなか時間がありません。おかしいな? 

 

さて、先月の西日本旅行の話です。

姫路からJR山陽本線赤穂線の電車で向かうこと約30分、播州赤穂駅へ到着しました。
播州赤穂といえば、赤穂浪士忠臣蔵で有名ですね。とか言いながら、この赤穂事件についてはあまり詳しくないので、機会があったら本を読んでみます。

f:id:banquiere389:20200909173236j:image

 

目指すは日本100名城の1つ、赤穂城ですが、駅からはそこそこ歩くので自転車を借りることにしました。後からこれがナイス判断だと思い知らされました。

 

 

さて、まずは赤穂城の縄張りをざっくり見てみましょう。
本丸を取り囲むようにして二の丸があり、輪郭式か?と思いきや、二の丸の北側に張り付くように三の丸があります。これは梯郭式の配置で、、結局、変形輪郭式と呼ばれるようです。

f:id:banquiere389:20200909173330j:plain


更に、気になるのは本丸の形。五稜郭を彷彿させるような星形要塞っぽくなっています。
赤穂城が築城されたのは江戸時代に入ってからなので、銃砲撃戦をかなり意識した近代的城塞になっているのでしょう。

 

赤穂駅から自転車で大通りをまっすぐ走ったら、三の丸、大手門に到着しました。
f:id:banquiere389:20200909173248j:image

 

ここからまずは外堀をぐるりと一周回ってみることにしました。
f:id:banquiere389:20200909173318j:image

 

二の丸、清水門跡
f:id:banquiere389:20200909173311j:image

 

二の丸、東北隅櫓台跡
f:id:banquiere389:20200909173403j:image

 

 

更に進みます。自転車なので楽チンなんですが、とにかく暑い!
f:id:banquiere389:20200909173407j:image

 

 

二の丸、潮見櫓台跡
f:id:banquiere389:20200909173430j:image

 

 

二の丸、水手門に到着しました。池にブラックスワンの小屋が浮いてます(笑)
f:id:banquiere389:20200909173252j:image

 

 

この石垣が曲線を描いているのが珍しく、これは築城時からなのでしょうか?
それとも復元時にこうなった?
f:id:banquiere389:20200909173307j:image

 

 
二の丸、南沖櫓台跡
f:id:banquiere389:20200909173351j:image

 

 

おっとテニスコート越しに見えるのは、三の丸の西南櫓台跡です。
f:id:banquiere389:20200909173422j:image

 

別のアングルから、三の丸の西南櫓台跡と干潟門跡になります。
自転車では近づけないので、ゲートボールを楽しむご老人越しに見学です。
f:id:banquiere389:20200909173323j:image

 

 

三の丸、塩屋門から城内に入ってみます。
f:id:banquiere389:20200909173433j:image

 

三の丸には藩士の邸宅跡がずらり。
f:id:banquiere389:20200909173244j:image

 

 

と、三の丸の敷地内に大石神社なるものがあり、武士の銅像がずらりと並んで圧巻なのですが、これは察するに赤穂浪士の方々ですね。
f:id:banquiere389:20200909173303j:image

すぐそばには大石蔵之助の長屋もありました。 



二の丸の石垣と北隅櫓台跡
f:id:banquiere389:20200909173355j:image

 

 

また大手門に戻ってきました。さて、ここから攻め入ってみます。
f:id:banquiere389:20200909173414j:image

 

 

橋を渡ってやっと入れた!と思ったら、左右正面から一気に攻め立てられ、お陀仏かな?
f:id:banquiere389:20200909173326j:image

 

 

さて、二の丸門跡に到着し、右手には風光明媚な二の丸庭園があるのですが、運悪く「整備中」とのことで、門が閉ざされており入ることができませんでした。 
f:id:banquiere389:20200909173358j:image

 

 

気を取り直して、本丸へ向かいます。
f:id:banquiere389:20200909173410j:image
f:id:banquiere389:20200909173437j:image

 

 

本丸には御殿、庭園、天守台跡があります。
f:id:banquiere389:20200909173334j:image

 

 

立派な天守台ですね。
しかし、ここも明石城と同様に、天守台を作ったけど、天守は作られなかったようです。
f:id:banquiere389:20200909173240j:image

 

 

天守台から庭園、御殿跡を眺めます。
どんな本丸御殿だったのか、間取り図を見ながら妄想が膨らみますね。
f:id:banquiere389:20200909173232j:image

 

 

さて、本丸を出て、二の丸をぐるっと回ってみます。

本丸、厩口門
f:id:banquiere389:20200909173342j:image

 

 

本丸、東横矢枡形
f:id:banquiere389:20200909173426j:image

 

 

ついつい石垣に見入ってしまいます。
f:id:banquiere389:20200909173347j:image
f:id:banquiere389:20200909173418j:image

 

本丸、刎橋門(はね橋)
f:id:banquiere389:20200909173259j:image

 

 

南横矢枡形
f:id:banquiere389:20200909173338j:image

 

仕切門
f:id:banquiere389:20200909173314j:image

 

とにかく見所満載で時間が全く足りませんでした。
自転車でぐるっと効率よく回ってみることができて助かりました。もし、徒歩で見学していたら、時間がかかる上に、途中で暑さにやられてくたばっていたかもしれません。

 

帰ったら、赤穂事件、忠臣蔵のことをちゃんと勉強しようと思いました。