たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

川面に映える漆黒の城、岡山城 [日本100名城] [日本三大平城] [岡山県岡山市]



8月の西日本旅行のまとめがまだ残っているのに、来週からまた九州へ飛ぶ平日トラベラーです。台風接近で自宅に引きこもる週末でできるだけブログ記事を書ければいいんですが、、。

 

さて、今回は岡山城を攻城したお話です。
赤穂城の攻城を終え、播州赤穂駅からのんびりローカル線で向かったのは岡山駅です。

忠臣蔵で有名な赤穂市の赤穂城 [日本100名城] [兵庫県赤穂市] - たびマネ!

 

 

実は岡山県は(通過したことはありますが)初上陸です。岡山駅前には桃太郎の銅像が、、イメージ通りですね。

さて、ここから岡山城を目指します、、というか、もう既に岡山城内にいるんですよね。
岡山城は惣構えの構造で、岡山駅周辺は三之外曲輪内跡で、要は三の丸内になります。

f:id:banquiere389:20201010075853j:image

 

駅から路面電車に乗っても良かったのですが、岡山城のスケールを知るために歩いて、天守閣がある本丸に向かいます。

 


どうやら二の丸(西の丸)を取り囲む石垣跡に着いたようです。
f:id:banquiere389:20201010075848j:image

 

 

二の丸(西の丸)内に入り、本丸を目指します。
左手には旭川、対岸はあの有名な後楽園です。
f:id:banquiere389:20201010075839j:image

 

 

本丸への入り口、廊下門へ着きました。天守閣が見えるとちょっとテンション上がりますね。
f:id:banquiere389:20201010075843j:image

 

 

では、廊下門をくぐり、本丸内に入ります。
f:id:banquiere389:20201010075859j:image 

f:id:banquiere389:20201010080042j:image

 

 

本丸内に入ったら、目の前にただっ広い空間が広がりますが、表書院です。
岡山藩の政治が行われた場所で、数棟からなり大小60の部屋があったとのこと。

f:id:banquiere389:20201010080834j:image

 


こうやって間取り図があると、当時の様子を色々と妄想できて楽しいですよねー。
f:id:banquiere389:20201010080826j:image
f:id:banquiere389:20201010080818j:image

 

 

そして、多聞櫓跡です。
f:id:banquiere389:20201010080831j:image
f:id:banquiere389:20201010080821j:image

 

 

岡山城は戦国時代にこの地一帯を支配していた宇喜多直家の嫡子で、 豊臣政権時は五大老の1人だった宇喜多秀家豊臣秀吉のアドバイスを受けて築城します。

 


その宇喜多秀家が築城した時の石垣が表書院の土の下から出て来たんですね。
f:id:banquiere389:20201010080046j:image
f:id:banquiere389:20201010080050j:image

f:id:banquiere389:20201010080601j:image
f:id:banquiere389:20201010080556j:image

次の城主が手狭になったからと盛土して、どんどん石垣を埋めていったのでしょう。 

 

 

宇喜多秀家が築城した時になく、後に作られたものに月見櫓があります。江戸時代、池田忠雄が城主の頃に作られています。
(因みに現存している月見櫓はここと、松本城高松城のみです。)

f:id:banquiere389:20201010080258j:image

 

月見櫓下の石垣です。
f:id:banquiere389:20201010080255j:image

 

 

さて、不明門から、いよいよ天守を目指します。

f:id:banquiere389:20201010081242j:image
f:id:banquiere389:20201010081310j:image
f:id:banquiere389:20201010081253j:image
f:id:banquiere389:20201010081246j:image
f:id:banquiere389:20201010081239j:image

 

 

天守閣の礎石です。
f:id:banquiere389:20201010081304j:image

天守閣にあったものをこの場所に移したとのことです。

 

 

旭川に臨む水の手から直接アクセスする六十一雁木上門で、江戸時代に整備した際にこの門に通ずる石段が61段あったことからこの名称になったとか。

f:id:banquiere389:20201010081257j:image

 

 

岡山城天守閣はコンクリート製の外観復元天守です。
天守閣は織田信長安土城をモデルにしたとも言われています。
f:id:banquiere389:20201010081249j:image

 

 

天守閣の中にお茶屋さんがあり、美味しいかき氷が頂けるのは、外観復元天守ならでは?
f:id:banquiere389:20201010081300j:image

 

 

旭川の向こうには後楽園が見えますね。
とにかくクソ暑い真夏日に公園の敷地内を歩き回るのは辛いので今回はパスしますが、、。

f:id:banquiere389:20201010082354j:image

 

 

さて、不明門を後にして、大手門方面へ向かいます。
f:id:banquiere389:20201010082438j:image

 

 

鉄門跡。名前からしてすごい門だったんじゃなかろうか?と思ってしまいますよねー。
f:id:banquiere389:20201010082358j:image

 

 

この辺は築城時の宇喜多秀家時代の石垣だそうです。
f:id:banquiere389:20201010082412j:image
f:id:banquiere389:20201010082433j:image
f:id:banquiere389:20201010082416j:image

高石垣が見事です。関ヶ原の戦い以前の石垣としては全国屈指の高さだそうです。
さすが、豊臣秀吉がここは石垣高く積んどけよーとでもアドバイスしたんでしょうかね(笑)

 

入隅とか。
f:id:banquiere389:20201010082446j:image

 

 

この辺りは小早川秀秋時代の石垣だそうで、、
f:id:banquiere389:20201010082405j:image
f:id:banquiere389:20201010082443j:image

 

岡山城は豊臣時代の五大家老の1人、幼少の頃から豊臣秀吉の寵愛を受けた宇喜多秀家が築城したのは先に触れましたが、秀吉没後の関ヶ原の戦い石田三成方、西軍についてしまうんですよね、、。で、結果はご存知の通りで、その後、八丈島に飛ばされてしまうんです。

その後の城主となったのは、関ヶ原の戦いで西軍についていたものの、途中で東軍に寝返った小早川秀秋ですね。寝返って大谷吉継の陣に襲いかかり、自害に追いやった呪いなのか、祟りなのか知りませんが、関ヶ原の戦いから2年後に急死してしまいます。
小早川秀秋に後継ぎはいなかったため、そのままお家断絶してしまいます。そして、その後、岡山城主となったのが池田忠雄です。

それぞれの城主時代の石垣が見れるなんて面白いですよね。

 

さて、内下馬門跡を抜けて、本丸を後にしました。
f:id:banquiere389:20201010082421j:image
f:id:banquiere389:20201010082450j:image
f:id:banquiere389:20201010082401j:image

 

 

本丸を取り囲むお堀も見事ですね。
f:id:banquiere389:20201010082424j:image
f:id:banquiere389:20201010082409j:image

 

 

ん?あれは二の丸の石垣の跡でしょうか?櫓台跡っぽいですね。
f:id:banquiere389:20201010082428j:image

 

こうやって街中にひっそりと残る城の痕跡を見つけるのも面白いですね。

見所、盛りだくさんで、また機会があったら攻城したいお城でした。