たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

雲海に浮かぶ天空の城、竹田城 [日本100名城][兵庫県朝来市]



青春18きっぷがあと1回分残っているので近場へ日帰り旅行するとか言いながら、朝起きたら面倒くさくなり(←朝に弱い)結局行かなかった平日トラベラーです。
おかげでお得になるどころか、約700円の損失を出してしまいました....(笑)



もう少し続く山陰旅行の話ですが、

香住漁港で揚がった新鮮な海鮮料理が食べられる三七十鮨 [兵庫県美方郡香美町][旅グルメ] - たびマネ!

山陰海岸ジオパークトレイルを切り上げ、電車で香住駅へ向かって香住蟹を堪能した後は、更に電車を乗り継ぎ、着いたところは竹田駅です。



そう、雲海に浮かぶ天空の城、日本のマチュピチュとも呼ばれ、近年急激に観光名所としても有名になった山城です。竹田駅に降り立ち、虎臥山の頂上を見上げてみると、写真では分かりづらいですが、はっきりと石垣が見えています。こ、これはテンションが上がる。

f:id:banquiere389:20210410080428j:image

 

竹田城は但馬守護の山名氏が築城したと言われますが、この辺はまだ良く分かっていません。織田信長に中国攻めを任された羽柴秀吉が、弟の秀長に但馬攻めを任せて、落としています。今残る石垣は秀吉時代のもので、文禄の頃に秀吉の命で改築着手し、竹田城最後の城主である赤松広秀の頃に総石垣の城が完成します。
が、関ヶ原の戦いの時に赤松広秀は西軍につき、その後切腹を命じられて廃城になります。

 

石垣ではなく、土塁のままだったら、こんな有名な観光地にはならなかったかもですね。

 

 

ということで、
竹田城のすぐそばまでいくバスが駅前から出ているようですが、足軽の気持ちになって徒歩で攻めますよ。駅の裏手とお寺のそばの2箇所に登山口があるようですが、駅の裏手から。
f:id:banquiere389:20210410080306j:image

 

登城中の様子は割愛いたしまして、
料金所で入城料500円(PayPay可)を支払い、いよいよ竹田城へ。

 


料金所を抜けると、見事な石垣がお出迎えです。
f:id:banquiere389:20210410080525j:image
f:id:banquiere389:20210410080534j:image

 

 

お、これは枡形門跡ですね。
f:id:banquiere389:20210410080359j:image

 

 

え?また枡形門跡?
絶対に直線突進できないようにうまいこと設計されてますね。
f:id:banquiere389:20210410080522j:image

 

 

北千畳跡。
f:id:banquiere389:20210410080237j:image

 

 

北千畳からの眺めをお届けします。
f:id:banquiere389:20210410080510j:image 
f:id:banquiere389:20210410080420j:image
f:id:banquiere389:20210410080538j:image

 

 

北千畳から見た三の丸の櫓台跡。
f:id:banquiere389:20210410080408j:image
f:id:banquiere389:20210410080556j:image

美しい野面積みですね、、。
安土城も手掛けた近江坂本の穴太衆のお仕事とのこと。

 

 

では、三の丸へ進みます。
f:id:banquiere389:20210410080325j:image

 

 

美しい枡形跡にうっとりしてしまいます。桜の開花はまだまだのようです。
f:id:banquiere389:20210410080432j:image

 

 

三の丸の櫓台跡。
f:id:banquiere389:20210410080424j:image

 

 

三の丸から二の丸と本丸方面を見渡すと要塞感出てますねえ。
f:id:banquiere389:20210410080440j:image

 

 

二の丸へ向かいます。
f:id:banquiere389:20210410080355j:image

竹田城は見学の導線が引かれていて、あちこち自由に見て歩くことができませんが、これも遺跡保存のため、ちゃんと従いませう。って、何か作業されているようですが? 

 

 

二の丸へ入る枡形門跡ですね。
f:id:banquiere389:20210410080458j:image

 

 

二の丸へ入る枡形門跡から竹田駅周辺の眺めをどうぞ。
f:id:banquiere389:20210410080302j:image

 

 

二の丸から本丸方面を眺めたり、
f:id:banquiere389:20210410080404j:image

 

 

枡形門跡を二の丸に入ってからのアングルでどうぞ。
f:id:banquiere389:20210410080503j:image

 

 

いよいよ二の丸へ
f:id:banquiere389:20210410080347j:image
f:id:banquiere389:20210410080228j:image

 

 

おお、ここから本丸方面を眺めると、マチュピチュ感出てませんこと?
f:id:banquiere389:20210410080529j:image
f:id:banquiere389:20210410080455j:image

 

 

さて、いよいよ、本丸と天守台に向かいますよ。 
f:id:banquiere389:20210410080248j:image

 

 

本丸と天守台。
f:id:banquiere389:20210410080340j:image
f:id:banquiere389:20210410080447j:image

 

 

天守台。
f:id:banquiere389:20210410080332j:image

 

 

天守台からの眺め。
f:id:banquiere389:20210410080612j:image
f:id:banquiere389:20210410080233j:image
f:id:banquiere389:20210410080608j:image
f:id:banquiere389:20210410080444j:image

さすが、天守台からの眺めは城全体、そして四方の山々と谷間が見渡せますね。

 

 

平殿曲輪を抜けて、南二の丸と南千畳へ向かいます。
f:id:banquiere389:20210410080507j:image
f:id:banquiere389:20210410080351j:image
f:id:banquiere389:20210410080318j:image
f:id:banquiere389:20210410080551j:image
f:id:banquiere389:20210410080412j:image
 

 

南二の丸跡。
f:id:banquiere389:20210410080343j:image
f:id:banquiere389:20210410080546j:image
f:id:banquiere389:20210410080514j:image
f:id:banquiere389:20210410080603j:image

 

 

南千畳跡。
f:id:banquiere389:20210410080255j:image
f:id:banquiere389:20210410080244j:image
 

 

最後にこのお城の石垣を目に焼き付けて、、
f:id:banquiere389:20210410080314j:image
f:id:banquiere389:20210410080322j:image
f:id:banquiere389:20210410080436j:image
f:id:banquiere389:20210410080311j:image

名残惜しく何度も振り返りながら下山しました。 

 

 

こちらが入城料を払った時に頂くパンフですが、縄張りが載ってます。

f:id:banquiere389:20210411130204j:image

とにかく各曲輪へのアクセスに枡形門で、石垣でうまく仕切ってあり、敵に直進で雪崩れ込むように侵入させず、防御力を高めているのをヒシヒシと感じました。

 

ほんと見応え十分でした。

 

 

下山した後は、何か食べたいとお店を探していたのですが、唯一空いていたのがパンケーキ屋さんでした。
f:id:banquiere389:20210411130200j:image

パンケーキを頂きながら、「明日どうすっかなあ、早起きして雲海に浮かぶ竹田城見ようかなあ」と悩んでいましたが、、

 

ここにその様子が上がっていないことでお察しください。


まあ、次回に楽しみに取っておきます。
そして、次はもっとゆっくり駅周辺含めて堪能したいと思います。