たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

関門海峡を見下ろす門司城 [福岡県北九州市]

今週は四国方面へ旅立つ予定の平日トラベラーです。
まん延防止から緊急事態宣言に格上げされそうな気配ですが、自分がやることは同じですね。

 


さて、今月頭の九州旅行ですが、博多駅からJRで向かった先は門司港駅でした。
門司港駅からは関門海峡方面に向かって歩き始めます。

f:id:banquiere389:20210419120940j:image

右側にある山、古城山の山頂(標高175m)を目指します。 

 

この辺りは壇ノ浦の戦いとか、巌流島の決闘とか、幕末でわしゃわしゃしたり、海賊と呼ばれた男がなんかやってたり、てんこ盛りなのですよね、、。

 

と、今回のお目当てはこちらの門司城跡です。 

f:id:banquiere389:20210419120355j:image

  

この地は戦国時代に絞ってみると、織田信長尾張一国でくすぶっている頃に、中国の毛利元就と豊後の大友宗麟が激しい領土争いやっていて、永禄元年から5年まで5回も戦っています。
川中島の謙信と信玄かよ。」と突っ込まずにはいられませんね。
最終的には足利幕府(足利義輝)が仲裁して、和睦しているんですよね。

なんでこんな小さな城をと思われがちですが、日本海と瀬戸内海を繋ぐ海上交通の要所ですので、ここを抑えることは戦略的に重要でした。

 

 

山頂を目指す途中に門司城の案内石碑が。
f:id:banquiere389:20210419120420j:image

 

 

もう少しで頂上、というか本丸跡ですが、土塁の跡がありますね。
f:id:banquiere389:20210419120412j:image

 

 

ということで、門司城本丸跡に到着です。
f:id:banquiere389:20210419120404j:image

 


ここからの関門海峡の眺めは最高ではありませんか。
こりゃ、毛利元就もこの地が欲しくなりますよ。
f:id:banquiere389:20210419120408j:image

城址としては土塁と曲輪跡くらいしか残っていませんが、この眺めを拝めただけでも上り坂を歩いて登って来た甲斐がありました。 

 

 

そして、山の麓にはこんな案内板がありました。
f:id:banquiere389:20210419120416j:image
f:id:banquiere389:20210419120400j:image

後から調べてみると、これは下関側にもあるようですね。 
いやはや、ここで細川忠興さんのいい話を拝むことができるとは思ってみませんでした。つか、ここで秀吉が命を落としていたら、その後どうなっていたんでしょうね。
関ヶ原の戦いがちょっと早くなったくらいで変わらないか、なんて考えながら、関門トンネルへ向かいましたとさ。