たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

天守内の資料展示に驚いた唐津城 [続日本100名城][佐賀県唐津市]

GW明けちゃいましたね。
東京は緊急事態宣言の延長、私が暮らす神奈川県はまん延防止措置の延長になるようですが、何が変わるんでしょうかねえ。

 

さてさて、先月の九州旅行の話の続きの最終回です。

佐賀城を攻城した後は、ローカル電車で唐津へ向かいました。
佐賀平野の中心部にある沈み城、佐賀城 [日本100名城][佐賀県佐賀市] - たびマネ!

唐津といえば、豊臣秀吉時代にこの地へ入封、名護屋城普請や長崎奉行を務めた寺沢広高が築城した唐津城ですね。関ヶ原の戦いでは東軍につき、その時の働きで、肥後国天草まで加増されたこの頃に本格的な築城開始します。


唐津城の縄張り
f:id:banquiere389:20210504102012j:image

陸続きだった満島山を切り離し、松浦川がそこから唐津湾に流れるように変えています。この縄張り、めっちゃ好きかも。街歩きをしているとその名残を見ることができます。

 

 

さて、唐津城へ向かいましょう。 
ニの門交差点、地名でここがどういった場所か察しがつきますよね。地名大事です。

f:id:banquiere389:20210504101814j:image

 

 

ニの門交差点を抜け、二の丸跡へ入る橋を渡ります。
f:id:banquiere389:20210504101918j:image

 

 

おっ、唐津城天守が見えてきましたね。
f:id:banquiere389:20210504102020j:image

 

 

早稲田佐賀中学・高校に残る二の丸石垣跡です。ここに二の丸御殿があったらしい。
f:id:banquiere389:20210504101612j:image
f:id:banquiere389:20210504101631j:image
f:id:banquiere389:20210504102004j:image

 

  

さて、本丸へ向かいます。
階段きついなって人のためにエレベーターもあります。
f:id:banquiere389:20210504101657j:image
f:id:banquiere389:20210504101946j:image

 

 

ここには櫓があったと思われます。
f:id:banquiere389:20210504101818j:image
f:id:banquiere389:20210504101855j:image
f:id:banquiere389:20210504101722j:image

 

 

桝形跡ですかね。
f:id:banquiere389:20210504101938j:image
f:id:banquiere389:20210504101953j:image

 

階段を登り切ったところが本丸で藤棚が美しいですね。いいタイミングで来ました。
f:id:banquiere389:20210504101645j:image

 

 

天守と多聞櫓。石垣の方に目が行ってしまいますが、、。
f:id:banquiere389:20210504101927j:image
f:id:banquiere389:20210504101752j:image
f:id:banquiere389:20210504102046j:image

 

 

いざ、天守内へ。入場料は500円です。
f:id:banquiere389:20210504101803j:image

 

天守は模擬天守で、史料には天守の存在が確認できないけど、天守再建しましたーってやつですね。天守内の展示史料がマジでお宝じゃないですかー!

特に、信長の書状が凄い。天下布武の押印を初めて生で見ました!そして、書いてある内容がこれまた凄い!あと、本能寺の変で信長を刺した安田作兵衛の一番槍!が展示してありました。明智光秀の家臣だった安田作兵衛は流れに流れで唐津の地に辿り着いていたんですね。
この一番槍は森蘭丸も討ち取った槍で、先端がちょっと錆びて刃こぼれしていました。
そして、島津家紋入りの鉄砲!終始テンション上がりまくりでした。

 

 

天守からの眺め。
虹の松原方面。防風林の役割を果たしているんですよね。
f:id:banquiere389:20210504101712j:image
f:id:banquiere389:20210504101554j:image
f:id:banquiere389:20210504101745j:image
f:id:banquiere389:20210504101544j:image
f:id:banquiere389:20210504101930j:image

これは海城といってもいいのでは?
天気が良かったらさぞかし素晴らしい眺めだったでしょうねえ、、。

 

 

唐津城は模擬天守ですが、こんな五層もある立派なものがあったとしたら、海際で狙ってくださいとばかりに遠くから丸見えですね。
f:id:banquiere389:20210504101616j:image

 

さて、本丸、二の丸周辺をぐるっと散歩しますよ。
f:id:banquiere389:20210504101733j:image
f:id:banquiere389:20210504101717j:image
f:id:banquiere389:20210504101558j:image

 

 

二の丸の石垣がずっと続いています。
f:id:banquiere389:20210504101843j:image
f:id:banquiere389:20210504102032j:image
f:id:banquiere389:20210504101540j:image
f:id:banquiere389:20210504101700j:image

 

 

これは武家屋敷の門跡。今は日本料理店のようですね。
f:id:banquiere389:20210504101800j:image

 

 

二の丸の石垣は結構残っていますね。
f:id:banquiere389:20210504101605j:image
f:id:banquiere389:20210504101738j:image
f:id:banquiere389:20210504102028j:image
f:id:banquiere389:20210504101822j:image

 

 

さて、本丸へ戻ります。
f:id:banquiere389:20210504101923j:image
f:id:banquiere389:20210504101708j:image

 

 

ここはお城の石垣の作業場か何かでしょうか。
f:id:banquiere389:20210504101637j:image

 

波打ち際の石垣が山口県の萩城を彷彿しますね。
f:id:banquiere389:20210504101627j:image
f:id:banquiere389:20210504101942j:image
f:id:banquiere389:20210504101549j:image
f:id:banquiere389:20210504101859j:image
f:id:banquiere389:20210504101950j:image
f:id:banquiere389:20210504101913j:image
f:id:banquiere389:20210504101903j:image

 

 

唐津城の眺めはここがベストポジションかもしれませんね。
f:id:banquiere389:20210504101609j:image

 

 

再び、ニの門に戻ってきたら、往路では見逃していたところがありました。
f:id:banquiere389:20210504101619j:image
f:id:banquiere389:20210504102043j:image
f:id:banquiere389:20210504101807j:image

ここは舟が往来していたのでしょうかね。 櫓台らしき跡もあります。

 

 

そして、大手門跡にやって来ました。後ろは唐津市役所です。
f:id:banquiere389:20210504101848j:image

 

 

この大手門のお堀は肥後藩が普請のお手伝いをしてくれたので肥後堀と呼ばれています。
他にも九州の諸藩が手伝いに来ていたそうで、お手伝いをしたそれぞれの場所に藩所縁の名前がついているそうです。
f:id:banquiere389:20210504101640j:image
f:id:banquiere389:20210504101934j:image

 

 

再建された三の丸辰巳櫓。
f:id:banquiere389:20210504101957j:image
f:id:banquiere389:20210504101810j:image

唐津城は、豊臣秀吉の死後に廃城となった名護屋城のものを流用して築城したそうです。
この後は名護屋城を見に行く予定でしたが、天候が崩れてしまったため、また次回の楽しみに取っておくことにしました。