たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

ワクチンパスポート無事取得

f:id:banquiere389:20210827151549j:plain



またもやブログ更新の間隔が空いてしまいましたが、元気に引きこもっておりますよ。

さて、先週の話ですが新型コロナワクチンの接種が終わったので、自治体が発行するワクチンパスポートの申請を行った話をしました。

新型コロナワクチン接種完了 - たびマネ!

 

 

私が暮らす自治体は「非常に大量の申請」があり、出国予定が近い順から処理していくそうで、発行に2週間位かかるという案内がありました。
うーん、ということは、逆算して出国1ヶ月前までには申請していた方が良さそうだなってことで、速攻、郵送で申請しました。

 

 

が、


なんと数日前にワクチンパスポートが送られてきました。
あれ?郵送してから1週間も経っていないんですが?
めちゃくちゃお仕事早いではないですか!いい意味で期待を裏切られました。

 

 

しかし、
それよりもお仕事が早かったのが、フランス政府機関でございました。

 


つい先日、ワクチンパスポートが利用可能な国にフランスが仲間入りしましたが、

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(8月25日現在)

これでフランスへの入国は大丈夫ですが、街中のお店やレストランはどうなんだろう?
日本の自治体発行のワクチンパスポート見せても大丈夫なのだろうか?と疑問に思いまして、フランス大使館に問い合わせようとしていましたが、フランス政府発行の衛生パスの申請ができることに気がつきました。

 

 

 

ということで、
旦那さんにお願いして、必要書類を全てPDFもしくはJPEG化して、専用フォームからオンラインで申請を行いました。

 

 

すると、ものの10分もしないうちに
メールでフランスの衛生パス(PDFファイル)が送られてきました。

 

f:id:banquiere389:20210827153317p:plain

 

 

めちゃくちゃ仕事が早いじゃないですかっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

ということで、送られてきたPDFを印刷するか、またはスマホアプリをインストールして持ち歩くことができます。(念の為、両方やっときますが)

 

 

このフランスの衛生パスですが、申請すれば旅行者も発行してもらうことができますが、現時点では9月以降の出発予定の旅行者への申請受付は開始していませんでした。
しかし、在外フランス人とその家族に対しての受付は開始していたので、今後のことも考えてこちらの枠で申請することにしました。

 

 

さて、後は帰国時のPCRテストや2週間隔離について色々手配しなければ、、
海外渡航のハードルがめちゃくちゃ上がってますやん、、、。