たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

コロナ禍でのフランス入出国と滞在に関する覚書(2021.10)

f:id:banquiere389:20211016055124j:image

おフランスからこんにちは。
久々の海外旅行ももうすぐ終わりを迎えようとしています。

 


今日はパリ市内の至る所にあるPCR検査場で帰国前のテストを受け、無事に「陰性」となり、あとは所定の用紙に陰性証明を書いてもらうだけとなりました。この所定の用紙に書いてくれるところがなかなかないんですよねえ....。

 

 

今月から海外旅行解禁ということで、まずはフランスへ飛び立ちましたが、
いよいよ海外旅行解禁!まずはフランスへ。 - たびマネ!
クリスマス時期、そして来年3月に戻ってくる予定なので、現時点でのフランスの状況について旅行者の立場での覚書を書いておこうかな、と。

 

 

まず、現時点での日本からフランスへの入国制限について、

【日本からフランスへの入国制限に関するポイント】
・日本は、最も規制の少ない「グリーン」に分類
渡航にあたって特別な理由:必要なし(ワクチン接種の有無にかかわらず)
・日本からフランスに渡航する場合の新型コロナウイルス感染検査:ワクチン接種済みの者は、新型コロナウイルス感染検査不要。ワクチン未接種の者は出発72時間前以内のPCR検査または抗原検査による陰性証明書、または過去11日前から6ヶ月前の間に新型コロナウイルスに感染していたことを示す証明書が必要(12歳以上のみ、12歳未満は不要)
・フランスに到着後の自主隔離:必要なし(ワクチンの接種の有無にかかわらず)
・日本を含むグリーン国・地域からフランス入国する際に提出する誓約書(Engagement sur l'honneur):必要

フランスの出入国措置について | 在フランス日本国大使館- Ambassade du Japon en France

 


実際に入国審査に向かうと、驚くほどに拍子抜けで、あっさりと入国できました。
現在はパリに到着するフライトの数が少ないので、コロナ前より並ばずに楽に入国できたかも。



ワクチン接種証明は日本の自治体が発行しているワクチンパスポート、もしくは事前に取得したフランスの衛生パスで良かったのですが、ちゃんと内容みてますか?ってくらいにあっさりとしたもので、せっかく用意した誓約書も提出したらつき返される始末でございました、、。

 

 

一旦、フランスを出国して、第三国から戻ってきた時も、コロナに関する規制が厳しい、いわゆるレッドゾーンからの入国だったのですが、ここでもワクチン接種証明はチラ見、誓約書の提出は求められないという緩さ、、、。

 

 

むしろ、日本を出国する時に、JALのチェックインカウンターでのチェックの方が厳しかったくらいです(笑)

 

 

で、街中はどうかというと、外ではマスクをしている人は少なめで、美術館などの建物の中ではマスク着用が義務付けられていました。また、レストランやカフェなどに入るときは、衛生パスの提示を求められることが多々ありました。アプリに取り込んでいる衛生パスのQRコードをお店の人がタブレット端末などで読み取るって感じですね。

 


街中には観光客も結構いて、コロナと共存しながら日常を取り戻しつつあるという印象です。
さ、次にフランスに行ったときはどんな感じになっているでしょうかね、、。