たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

帰国前のPCR検査と証明書に関する覚書(2021.10)

f:id:banquiere389:20211017025231j:image

 

おフランスからこんにちは。
帰国直前の週末はのんびりとパリの街を散策しました。いい天気で気持ちよかったー。


いよいよ帰国ってことで、帰国前のPCR検査を行う必要があります。
厚生労働省のサイトによると、出国前72時間以内の所定のフォーマットを使用して検査証明を提出する必要があります。


検査証明書の提出について

●検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。
「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められないことになります。
●検査証明書の様式は所定のフォーマットを使用して下さい

水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省

 


この所定フォーマットってのが厄介なんですよ。
で、在フランス日本大使館のサイトで確認すると、日本語の通じる病院として下記の病院が紹介されていました。日本語が通じて、所定のフォーマットで書いてくれるのであれば、これほどありがたいことはない、、、

◆ 日本語の通じる病院 (土・日・祝日は休診)
HOPITAL AMERICAIN  http://jp.american-hospital.org/
63, bd Victor Hugo 92200 Neuilly-Sur-Seine
01.46.41.25.25(代表)
01.46.41.25.15(日本人セクション、9時~18時)
(検査料:有料、日本語証明書:別料金(要確認))

日本入国時に必要な書類・留意事項 | 在フランス日本国大使館- Ambassade du Japon en France

 

が、
先に帰国する友人がこの病院に検査をお願いしに行ったら、見事に撃沈してしまったという情報が直前で入ってきました。

時間がなかったのでアポなしで行ったら、散々待たされた挙句に、つれない対応で、検査はできないと断られてしまったそうです、、。ちなみに、検査料とは別に証明書は50ユーロかかるとのこと。事前に電話してアポ取って行った方が良さそうですね。



しかし、滞在しているホテルから少し遠いし、ここはやめとくか、、、。

 

在フランス日本大使館のサイトを更にチェックすると、、

厚生労働省が定めるフォーマットに基づく新型コロナウイルス検査証明書を取得できる検査機関リスト(パリ市を含むイル・ド・フランス地域圏) | 在フランス日本国大使館- Ambassade du Japon en France

他にも日本の所定フォーマットで書いてくれるところがあるではありませんか。

 

 

ということで、ホテルに近いところにあるこちらのラボにしてみました。

f:id:banquiere389:20211017030656p:plain

https://biogroup.fr/recherche-laboratoire/l/paris/52-54-rue-turbigo/1714199/

 

平日は朝7時−17時
土曜は時短営業で休みの場合もあり。
事前の予約は必要なし。

 

検査費用は44.06ユーロ(クレジットカード可)
検査結果はメールとSMSで12時間以内に通知されます。翌日に所定のフォーマットを持って再訪すると、検査結果を記入してもらえます。これも検査費用に含まれています。
(フランス在住者だと今のところ保険でカバーされるようです。)



パリ市内にはあちこちにPCR検査所があるのですが、日本政府の所定のフォーマットで書いてくれるところが少ないのでパリ市内ならまだいいとして、次はボルドーへ行くのでちょっとどうしようかなあ、、、ってなってます。



というか、所定のフォーマットでなくてもいいんじゃない?
そこは柔軟に対応してもらえないかなあ、、、。

シンガポールに戻る友人は「所定のフォーマット?そんなもんないよ?」って言ってましたね。なので、空港の検査所でサクッと受けるとか言っていたな。いいな、、。