たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

帰国後の隔離期間が7日間に短縮(2022.1)

f:id:banquiere389:20220129191821j:plain


ご無沙汰しております。
またもやブログ更新の優先順位がだだ下がりしてしまった平日トラベラーです。


つい先日、海外からの帰国後の隔離期間が10日へ短縮され、おおっ!と喜んでいたのも束の間、こんな朗報が飛び込んできました。

 

1 1月28日、日本において新たな水際対策措置が決定されました。
(1)全ての国・地域からの帰国者・入国者に求めている自宅又は宿泊施設での待機、待機期間中の健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間を、オミクロン株が支配的になっている国・地域(現時点では全ての国・地域)からの帰国者・入国者について、10日間から7日間に変更します。本措置は1月29日午前0時(日本時間)から行うものであり、既に日本入国済みの者に対しても同時刻から適用されます。

海外安全ホームページ: 広域情報より

 

なんと、隔離期間が更に7日に短縮されたのです。
隔離期間が2週間と1週間じゃ全然違いますからね!これで海外旅行へのハードルはもう一段階下がったのではないでしょうか。

 

今年は海外レース参戦で世界のあちこちに行く予定を立てていまして、とにかく入国に関する調べ物、レースに関する調べ物も多いし、レースの準備(装備などの携行品)もあるし、もちろん練習もしなくてはならないし、とにかく忙しく、慌ただしく過ごしてました。

 

いやあ、隔離期間が短縮したのはほんと助かります。
2週間で計画を立てていたときは、隔離が明けたと思ったらもう次の国へ出発しなくてはならない、みたいなスケジュールになっていて、いっそのことずっと現地にいようかとか考えてましたよ。

 

オミクロン株の蔓延で一旦国境を閉ざしてた国々も再び国境を開き始め、このままいくと、海外旅行が再び活発に行われる日も近いのではないかと思われす動きですよね。



ということで、粛々と準備を進めていきます。

しかし、オミクロン株の蔓延はすごいっすね。ついに私の友人達、WFHで自宅で仕事をしているにもかかわらず、子供達が学校や幼稚園で感染して、一家全滅みたいな状況報告がちょこちょこ上がってくるようになりましたよ。



段々とオミクロン株包囲網が狭まっている気がします。気を抜かずにいつも通りしっかり感染対策していかねば、、、。