たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇のはずが、、セミリタイアしてしまいました

佐賀藩の飛地、神代鍋島陣屋 [長崎県雲仙市]

先月、島原へ行った時のことですが、
長崎空港から諫早駅直通バスに乗り、諫早駅から島鉄列車で神代駅へ向かいました。

f:id:banquiere389:20220806002049j:image

 

神代駅のそばには「雲仙市神代小路重要伝統的建造物保存地区」というものがあります。

f:id:banquiere389:20220806002139j:image

このエリアは江戸時代の名残のある家屋が10軒ほど残っていて、全部見学できるわけではありませんが、江戸時代にタイムスリップしたかのような街並みが楽しめます。



長屋門(帆足家)とか、
f:id:banquiere389:20220806002034j:image

 

石垣とか、
f:id:banquiere389:20220806002112j:image

その街並みがそのまま保存されています。

 

 

で、今回の目的はこちら。
f:id:banquiere389:20220806002053j:image
f:id:banquiere389:20220806002108j:image

鍋島陣屋です。
天正15年(1587年)、豊臣秀吉による九州征伐(=島津征伐)の後の国割で、この神代の地は龍造寺領になり、佐賀から鍋島信房(鍋島直茂の兄)が入封し、明治まで続きます。

 

 

その鍋島家の陣屋跡を訪問しました。

f:id:banquiere389:20220806002135j:image

受付で入場料300円を支払って、陣屋内を見学します。
陣屋内は撮影不可、玄関から入ってすぐに目を引いたのが中庭の池、当時の来客者も「おっ、これは、、」と唸ったのではないでしょうか。広い畳間の部屋や台所など、当時暮らしていた人たちの息遣いが今にも聞こえてきそうです。

 

 

外に出て、庭の方へ行ってみます。

 

慶応元年(1865年)に完成したという長屋門
f:id:banquiere389:20220806002018j:image
f:id:banquiere389:20220806002041j:image

 

 

この佇まい、、旧領主の屋敷に相応しい威厳が醸し出されていますよね。
f:id:banquiere389:20220806002131j:image

 

 

庭園へ行ってみます。
f:id:banquiere389:20220806002045j:image

 

 

庭の手入れが行き届いていて、素晴らしい。
f:id:banquiere389:20220806002022j:image
f:id:banquiere389:20220806002030j:image

 

 

少し高いところから鍋島邸を一望します。
f:id:banquiere389:20220806002123j:image
f:id:banquiere389:20220806002057j:image

こういう所に一度でいいから暮らしてみたいですね(うっとり)

 

 

陣屋内のどこを切り取っても絵になりますね。
f:id:banquiere389:20220806002116j:image

 

この神代鍋島陣屋の裏手に神代城趾(別名鶴亀城)があるのですが、今回は時間がなかったのでみに行くことができませんでした。この城は南北朝時代に神代貴益によって築城とされていて、沖田畷の戦いの時には龍造寺軍の本陣でもあり、沖田畷の戦いの後までは神代氏の居城だったんですが、有馬晴信の謀略により滅ぼされてしまいました。

沖田畷古戦場跡と二本松神社 [長崎県島原市] - たびマネ!

 

残念ですが、次回の楽しみができたということで。
その時はまたこの陣屋や周辺をじっくり散策したいと思います。

 

 

 

 

参加中のブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ