たびマネ!

2020年4月から勝手にサバティカル休暇中だけど、もうセミリタイアでもいいかなぁ、、。

ゆったりとした時間が流れる大鰐温泉 不二やホテルに宿泊 [ホテル宿泊記] [青森県南津軽郡大鰐町]



さて4連休が始まりました。
そこそこの人混みを予想し、引きこもることにした平日トラベラーです。コロナがなければ、今頃はオリンピックで盛り上がっていたんでしょうね、、(おっと禁句)

 

先週、JALのどこかにマイルを利用して、青森をのんびり旅してきました。
まあ、Twitterで青森に決まったと呟いたら、知らんフォロワーでもない人が湾曲的に青森に来るなとか、勝手にリツートされてため息つかれたりとか、どうやらその時は青森市内でクラスター発生しピリピリしているようでした。
と、Twitterのプロフィールで本当は神奈川県なのに東京って書いててすみませーん。


そういうわけで、弘前市とその近郊にある大鰐温泉でのんびりしてきました。

 


今回宿泊したのは、弘前市から電車で10分ほどのところにある大鰐温泉の不二やホテル。
事前に連絡すると駅まで車で迎えにきてもらえますが、駅からそんなに遠くないのでのんびり歩いていきました。

f:id:banquiere389:20200720104046j:image
f:id:banquiere389:20200720104203j:image

入り口で仁王像がお迎えしてくださってます。

 

 

ホテル概観。
f:id:banquiere389:20200720104109j:image
f:id:banquiere389:20200720104104j:image

 

 

ホテルに入ると、既にスタッフの方が待ち構えていて、まずは検温です。
接触型の体温計ですが、示した数値が34度!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

体温は毎朝毎晩測っていて、今日は空港のセキュリティにあるサーモグラフィでも測ってもらってますが、平熱は35度台なんですよ?
(気になって、チェックイン後に部屋で測ったらやはり35度台でした。)

その後、手指をアルコール消毒して、チェックインです。

f:id:banquiere389:20200720104248j:image

宿泊カードも既に印刷済みで記入することなく、サインのみ。
(ホテル予約サイトで住所など情報入れてるのに、チェックイン時にまた書かせるところって結構ありますよね。どうにかしてほしい。)

チェックインは簡素化されて、スムーズに行われたのが好印象です。

 


f:id:banquiere389:20200720104244j:image

ホテル内の庭園が美しく、ここでのんびりコーヒーでも飲みたいところです。

 

 

客室は2階の和室で、まあ典型的な温泉旅館のお部屋ですね。
f:id:banquiere389:20200720104228j:image

人の出入りを極力少なくするためにと、既にお布団が敷いてありました。(これも好印象)

 

洗面所がなぜか無駄に広いです。室内のお風呂を潰したのかしら?
f:id:banquiere389:20200720104131j:image

 

お部屋はリバービューです。
ただ川との間に道路があり、人の往来が結構あります。また、運悪く、この真下が厨房か何かの入り口になっているらしく、何回か大型トラックが止まり、エンジン音が、、、。
f:id:banquiere389:20200720104127j:image

 

 

とはいえ、2階の部屋から大浴場・露天風呂へのアクセスが良いので助かります。
f:id:banquiere389:20200720104207j:image
f:id:banquiere389:20200720104223j:image
f:id:banquiere389:20200720104158j:image

ホテル滞在中、お風呂は3回ほど行きましたが、他の宿泊客と遭遇することはなく、貸切風呂状態を毎回満喫しました。

 

 

夕食はホテルの宴会場みたいなところで、時間帯を分散して提供されました。
配膳をざっと見た限りでは10組くらいでしょうか、、、。


f:id:banquiere389:20200720104051j:image
f:id:banquiere389:20200720104146j:image
f:id:banquiere389:20200720104114j:image
f:id:banquiere389:20200720104142j:image
f:id:banquiere389:20200720104121j:image
f:id:banquiere389:20200720104151j:image

 

量が多くて食べきれないと楽天トラベルのレビューを読んでいたので、朝食、昼食はほとんど食べていなかったんですが(というか、観光で時間がなくなった)、それでも最後の方がお腹がいっぱいになり、最後のデザートでは苦しくて戻しそうな勢いでした(汗)

 

この土地の名物である「大鰐温泉もやし」が料理に使われていたんですが、普段食べているもやしよりも美味しかったです。

 

 

ここには2泊しましたが、2日目の晩御飯もこんな感じで、、
f:id:banquiere389:20200720104137j:image
f:id:banquiere389:20200720104218j:image
f:id:banquiere389:20200720104238j:image
f:id:banquiere389:20200720104057j:image
f:id:banquiere389:20200720104212j:image

やはり最後の方ではお腹がはち切れんばかりに、、、。

 

 

珍しく温泉旅館に2泊して、のんびりとした時間を過ごせました。